皆様、こんにちは。
aro-di-lusso店長、megugotoです。

秋になると、どうしても食べたくなるものがあります。
それは、「銀座 い組(いぐみ)」のきのこ鍋。
このお店、実は有名になって予約が取れなくなったらしんどいのであまり教えたくないのですが、aro-di-lussoブログをご覧下さっている方に特別にご紹介しますね。

「銀座 い組」は山形料理のお店。以前は赤坂にありましたが、今は銀座1丁目に場所を移しています。
4人掛けテーブルのある個室が2つとカウンター席だけの、落ち着く空間です。

い組に行くと心奪われるのが、女将さんとご主人、そして若旦那が丁寧に丁寧に作っていらっしゃる、季節折々の食材、それも最高のものを使ったお料理です。
春は山菜、夏は鮎。秋はきのこに冬は猪肉。それぞれを産地のプロから手に入れ、いちばん美味しい状態で出してくれます。
例えば秋のきのこ。冒頭で触れたきのこ鍋がこちらです。

このきのこの風景、まさに圧巻!
今まで聞いたこともないようなきのこたちが並んでいます。

これらのきのこは、すべて山形の山で採られたもの。
土がついた状態で送られてくるので、掃除するのにとても手間がかかるのだそう。
このきのこたちを女将さんが少しずつスープにくぐらせ出してくれるのですが、その香りと歯ごたえと言ったらもう…ひたすらに美味しいです。このスープがこれまた素晴らしく美味しいほんのり甘味のあるお出汁で、締めの雑炊はこの出汁にきのこたちのエキスが染み込み、まさに口福、です。
漢方としても考えられるきのこは、身体のためにと来店される方も多いのだとか。

きのこ鍋は直球ストレートという感じですが、とても手が込んだ、アイデア満載のお料理も数多く出されます。
ご主人と若旦那が意見を出し合いながら新しいお料理を考えるそう。
なんか良いなあ、とほっこりします。​

そして忘れてはならないのが、山形の地酒。
日本酒好きな方でも目にしたことのないのでは?と思うほどの逸品が揃っています。
女将さんのおすすめをいつも頂いていますが、毎回その旨さに感激です。

ちなみに予算ですが、食べて飲んでひとり3万円くらいは見ておきたいので、
おいそれとは行けません。誕生日や結婚記念日に、大事に行きたい。そんなお店なのでした。

「銀座 い組」
中央区銀座1-5-7 アネックス2フクジンビル 3F
03-3561-3370

PAGE TOP